ワインコルクの開け方のコツ|開かない、抜けない時の対処方法

MENU

ワインのコルクの開け方のコツは?

自宅や友人宅でワインを開ける場合、コルクが途中で割れてしまったり、割れたコルクがボトルの中に落ちてしまったりするとせっかくの愉しい時間が台無しになります。

 

ワインを美味しく楽しむには、コルクの開け方も大切です。
ここでは、ワインのコルクをきれいに開けるコツを紹介します。
まず、コルクスクリューを使う開け方の場合には、スクリューがボトルと垂直になるようにまっすぐと差し込むのが何よりのポイントです。
そして栓の全体の2/3程度まで差し込めるように事前にスクリューの長さを確認しておき、ボトルをしっかりと手で固定した状態でゆっくりと差し込んでいきましょう。

 

しっかりとスクリューを差し込んだら、ボトルの側を回しながら垂直方向に力を入れて抜くのがきれいに開けるコツです。
次にソムリエナイフを使う開け方の場合、スクリューを差し込むところまでは上記と同じです。
スクリューを差し込んだ後は、ソムリエナイフのフックをボトルの口に引っ掛け、フックが外れないように軽く抑えながらレバーを持ち上げます。
手前から奥に押し出すように素早くレバーを持ち上げ、テコの原理を使うのがコツです。
栓が浮きあがったら、あとは直接手で栓を握ってゆっくりと引き抜きましょう。

 

 

ワインのコルクが開かない時はどうしたらいい?

年代物のワインを開けようと思ったら、コルクがかたくて開かない、あるいは途中で割れてしまった、といったことがしばしばあります。
このとき、無理矢理に開けようとすると破片がボトルの中に落ちてしまい、せっかくのワインが美味しく飲めなくなってしまった、といったことにもなりかねません。

 

そんなことにならないために、ここでは、コルクが開かないときの対処方法を紹介します。
コルクは、乾燥すると抜けにくくなる性質がるため、開ける前には、しばらくボトルを横置きにしてみましょう。
すると、固いコルクがやわらかくなり抜けやすくなります。
栓抜きは、スクリュープルというハンドルを回すだけのタイプを使うと垂直方向に力をかけやすくなるのでおすすめです。
また、コルクが途中で割れてしまった場合には、ある程度の位置まで、よく洗ったネジを差し込み、ペンチなどでそのネジを掴んで抜く方法を取りましょう。

 

その時、完全にコルクにネジが貫通し、破片がボトルの中に落ちないように注意することが大切です。
また、ネジをねじ込むときに力を入れすぎてしまうと瓶の中に押し込んでしまうので、力を入れずにゆっくりとネジを回していくのがポイントです。
なお、固くて開かない場合や途中で割れてしまった場合にも2枚刃の栓抜きを使うという方法もあります。

 

 

ワインの瓶にコルクが入らない時はどうすればいい?

ワインが残ってしまい、抜いたコルクで栓をしようとしても、入らないという経験をしたことはないでしょうか。
瓶にささっていた側のコルクは、抜いた時に膨張するので、もう一度栓をするのはなかなか難しいでしょう。
このような時、どんな方法で保存すればよいのでしょうか。
一つ目には、コルクを逆さまにして栓をする方法が挙げられます。
瓶に指し込まれていた側は、膨張してしまっているので、逆さまにして差し込むとうまく入る可能性が高いです。

 

それでも、入らないようであれば、ワインストッパーを使いましょう。
あけたワインを保存するための栓がホームセンターなどでも購入することができます。
また、中身をペットボトルに移し替える方法もあります。
ワインは一度開けてしまったら、空気に触れて、そこからどんどん酸化が始まります。
酸化することによって風味も変わっていってしまいます。
コルクが入らない状態で、ワインストッパーもない場合には、ペットボトルに移し替えて保存する方法が、一番手軽な方法と言えるでしょう。

 

近年では、コルクの代わりにプラスチックの栓を採用しているメーカーも多く見られます。

 

 

コルクが抜けないときは?

ワインのコルクが抜けなくて困ったことは誰にでもあるのではないでしょうか。
この場合も、コツが有りますので参考にして下さい。
焦って、コルクが途中で割れてしまった、或いはスクリューをねじ込んだ部分が弱くなり、やはりコルクが割れそうになる。

 

ワインを飲む方は、こんな苦労をした経験があると思います。
そんなときは無理矢理抜き取ってしまわず、思い切って抜けないコルクは瓶の中に落としてしまいましょう。
乱暴な表現ではありますが、ここで2枚刃式オープナーを使っても、結局差し込む時に中に落としてしまう可能性が大きいです。

 

これは、コルクの真ん中にスクリューをねじ込んでしまう結果です。
ソムリエタイプのオープナーが最初の段階で曲がって入ってしまった時、その角度のまま入れるのではなくて調整しながらなるべく垂直になるようにします。

 

スクリュー部分を全部入れても良いですが、1センチほど余らせて片方を瓶の口にかけ少し引き上げてみます。
キュッと動くようなら改めてスクリューを全部ねじ込み引き上げます。
この方法であれば高確率でコルクが抜けるはずです。
コルクを落としたボトルは、中身をデキャンターに移してしまえば良いでしょう。
または、早めに飲んでしまいましょう。

 

 

コルクなしのワインは安全?

店頭で見かけるワインには、アルミを使用したキャップで開け閉めするタイプの物があります。
コルクの役割は、完全に開き口を密閉し、空気に触れさせない様にして、ワインの酸化を極力抑制するための物です。
しかし、デメリットとしては開けにくい、専用のネジを使わないと開かないという点がありますから、コルクが苦手な方はキャップタイプのワインでも良いでしょう。

 

開け閉めしやすく、手軽に飲めるメリットはありますが、コルクがないワインは、開けた後、なるべく速めに飲むようにしなければなりません。
ワインは空気に触れると酸化しやすくなり、品質並びに味が劣化しやすくなります。
しかし、そういったデメリットを解消する為に酸化防止剤を配合しているメーカーもありますが、酸化防止剤は化学物質である可能性が高い為、ここも注意が必要になるでしょう。

 

ここで、コルクなしのワインは安全かと言えば、品質を徹底しているメーカーが多く、キャップを開ける前は品質は保障されています。
肝心なのは、キャップを開けた後、酸化してしまう前に飲みきってしまうということです。
また、いかに空気に触れない様にするか工夫すべきでしょう。

 

 

参考ウェブサイトについて

ワインのコルクに関する色々なことを説明していきましたが、いかがでしたか?
コルクを開けてワインを楽しむのもまたいいものです。
ワインにはレスベラトロールという成分がたっぷりと含まれていたりするからです。
レスベラトロールに関しては、ここで紹介するサイトを見てみてください。